吹田市江坂の皮膚科、美容皮膚科をお探しなら江坂駅前花ふさ皮ふ科。皮膚科専門医の女性医師が丁寧に診察致します。アトピー・ニキビ等の保険診療から医療脱毛・シミ等の美容皮膚科まで幅広く診察致します。初めての方もご予約可能。クレジットカード使用可能

水イボ

水イボ

水イボ(伝染性軟属腫)とは

伝染性軟属腫ウイルス(ポックスウイルス)が感染してできるイボです。

見た目は、数mm~5mmくらいのドーム状に盛り上がったイボで、表面がツルツルして光沢があり、てっぺんが凹んでいるのが特徴です。子どもの手足や体、陰部によく見られます。

水イボをもっている子と直接肌が接触することで接触感染することが多いですが、ビート板やタオルを介して間接的に感染することもあります。特にアトピー性皮膚炎やアセモの湿疹や乾燥肌でバリア機能が低下した肌に感染しやすく、掻くことでイボの内容物に含まれるウイルスが周囲の皮膚に付着して広がり、水イボが増えていきます。

やけどは深さ

治療方法

水イボの治療として、一般的には以下のような治療があります。

  • 1年程度で水イボに対する免疫が体につき、自然に消えるため、経過観察する
    (→当院の基本方針です)
  • 専用のピンセットで除去(当院では行っておりません)
    水イボの中に、ウイルスを含む白い塊が存在します。この芯を水イボ専用のピンセットでつまんで取り除きます。麻酔のテープを貼って、つまんで取り除きますが、麻酔のテープを貼っても痛いものは痛いので当院ではお子様の負担も考えて、水イボの除去は行っていません。
  • 液体窒素による凍結療法(当院では行っておりません)
    −196℃の冷たい液体でイボを凍らせて治していきます。イボに対する免疫を高める効果があります。

医師や病院によって、治療方針や考え方は様々です。②ピンセットで除去と③液体窒素による凍結療法は有効ですが、恐怖や痛みを伴いますので、子どもたちには精神的・肉体的な負担になってしまいます。

水イボは、1年程度で自然に治癒しますので、当院では基本的に摘除は行いません。

しかし、最も大切なことは、水イボにかからないように、また水イボができても増やさないように、皮膚のバリア機能を強く保つことです。湿疹や乾燥肌を放置せず、必要な場合にはステロイドの塗り薬や保湿剤で健康なお肌を維持していきましょう。

治療法

文責:江坂駅前花ふさ皮ふ科院長 大村 玲奈(日本皮膚科学会皮膚科専門医)

→医師紹介ページはこちら

お支払いはクレジットカードをご利用いただけます

お支払いはクレジットカードをご利用いただけます

保険診療・保険外診療のお支払いは現金の他、クレジットカードの1回払い(Master、VISA、JCB、AMEX、ダイナース)が可能です。

  • Masterカード
  • VISAカード
  • JCBカード
  • AMEXカード
  • ダイナースカード

診療体制カレンダー

診療時間
10:00~13:30
14:30~17:00

★…自費診療のみ(一般保険診療は行いません)/第1土曜の午後診療は休診

※当院では男性の陰部・鼠径部・肛門の診療は行っていません。

休診日土曜午後(第1のみ)、水曜(祝日、臨時休診がある週は診療)、日曜、祝日

ご予約以外のお問い合わせ

TEL.06-6368-1200

〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1番39号 SERE江坂 5F

GoogleMapで見る→
北大阪急行線・大阪メトロ御堂筋線『江坂』駅から 徒歩約1分
MAP
PAGETOP